依頼するメリット

相続の相談はもちろんの事、相続の手続きを税理士に依頼するメリットについてご説明します。

1つ目に、土地評価が大きく変わる事です。相続で最も多いのが土地です。その為、相続税を出来るだけ抑える為には、土地の評価額を抑える事が重要となります。土地の評価は非常に複雑で、税理士の中でも、相続税を得意としていない税理士にとっては難しい問題なのです。つまり、不動産の知識に長けている税理士に依頼するのがベストであり、最小限の評価額を算出してくれます。2つ目に税務調査の対応です。税務調査の目的は、相続税の申告漏れを発見する事です。調査対象は、申告した相続人と、書類などを作成した税理士で、申告件数の約4分の1が、税務調査を受けています。また、一度調査を受けたら、8割以上の確立で不備を指摘されます。専門知識のない素人にとっては、指摘されれば従わざる得ない場合もあります。そのような税務調査を防ぐ為に、相続税の申告の際、税務代理権限証書や書面添付制度を提出している場合、税理士への税務調査が行われ、そこで不明点が解決されれば、税務調査は省略されます。しかしそれでも税務調査が終わらない場合は、税理士がきちんと対応してくれまう。

資産を相続すると煩わしい手続きや、調査がたくさん発生します。素人のみでは対応しきれません。相続税に関する事は、やはりその道のプロの税理士に依頼する事が賢明でしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket