未分類

相続の手続き

相続の手続きは、亡くなった方の財産を相続人に移す手続きです。ここでは、相続の手続きの流れについて、ご説明します。

相続の手続きは、法律にのっとった手続きを行わなければなりません。全体の流れとしては、死亡してから7日以内に死亡届の提出をし、遺言書や相続財産、相続人の確認と調査を行います。この時、遺言書が無い場合は、相続人となる方全員で遺産分割の協議をし、遺言書がある場合は家庭裁判所で検認手続きを行います。その後不動産の名義変更などの手続きである相続登記を行い、4か月以内に準確定申告、10か月以内に相続税の申告をします。相続税は、基本的に財産を相続する時、定められている額を超えた場合のみかかる税金です。自分が相続する場合、まず税理士に相続財産の評価をしてもらい、もし相続税がかかる場合は、申告の手続きを依頼します。この手続きの流れの中で、確実に自分で行えるのは、死亡届の提出です。その他も行う事は可能ですが、専門知識が必要となります。遺言書の確認は司法書士や弁護士、遺産の分割協議がうまくいかない場合は、弁護士や司法書士、相続登記は司法書士、準確定申告、相続税の申告は税理士に依頼します。

相続の手続きを全て自分で行うのは、難しいです。その道のプロの方に依頼する事で、スムーズに手続きを進められます。手続きの際には、専門家に相続相談する事をお勧めします。